<転職相談>笑顔ができないと面接で落とされますか?<お返事>「面接で笑顔のひと」を採用したい社長の心理をお伝えします〜キャリアの休憩室〜

おはようございます。
退職学®︎の佐野創太(@taishokugaku)です。

本日のテーマは
「笑顔ができないと面接で落とされますか?」です。
マシュマロ(無料・匿名で悩みが書き込める相談サービス)からいただいた
転職相談にお答えします。

面接は気にし出すと何でも気になってしまいますよね。
笑顔が気になれば服装だって気になります。
ある20代後半の相談者さまは「カラーコンタクトレンズをつける」と話していました。
瞳の色まで気になったのです。

転職活動中の方や、
面接が得意になりたい方、
業種や職種を変える転職をしたい方に
受け取っていただければ幸いです。

転職相談:笑顔ができないと面接で落とされますか?

いただいた相談はこちらです。
このメルマガを読んでくださっているあなたは、
どう考えるでしょうか?

佐野創太 様

現在転職活動をしている20代後半の男性(現時点では事務職を志望中)です。
佐野様の『ゼロストレス転職』を拝読いたしました。 転職活動を進めていくうえで参考になる話ばかりで大変ありがたいです。
さて、佐野様へ一つご質問というかご相談したいことがあるのですが、面接は笑顔が下手(あるいは笑顔ができない)と必ず落とされてしまうものなのでしょうか?
私は笑顔をつくるのが苦手なので、表情が固いだけで悪印象を与えて落とされてしまうのではないかととても不安です。
笑顔の練習をするというのも大事なのかもしれませんが、そもそも笑顔じゃないと絶対に駄目なのかという疑問もあり、モヤモヤします。
長文になってしまいすみません。
ぜひアドバイスをいただけたらと思います。

『ゼロストレス転職』(PHP研究所)を読んでくださり
誠にありがとうございます。
確かにあの本には笑顔だったりのマナーは書かれていないですよね。

お返事させていただきます。

結論から申し上げますと、
「面接は笑顔が下手(あるいは笑顔ができない)という理由で必ず落ちる」ことは、
ありません。

極端な話ですが
「スマイルが命です」といったような会社でない限り、
笑顔が理由で落とされることはないです。
ご安心ください。

でも、笑顔ってバカにできないんですよね。

私も笑顔がつくれず、新卒の就活のときには
ある採用担当者の方にこうアドバイスされました。

佐野くんはね、もう話せるようにならなくていいですよ。
とにかく笑ってください。
笑った方が伝わります。

当時は反発しかなかったです。
「笑顔で面接を通してもらおうなんて、騙しているようだ。
実力で内定を勝ち取りたい」と思っていましたから。

でも、今なら「笑った方が何が伝わるんだろう」と
考えてみたくなります。

相談者さまは、笑顔のひとに
どんな印象を持つでしょうか?

「面接で笑顔のひと」を採用したい社長の心理

笑顔なんて気にするな。
素の自分で面接に行けばいいんだよ。
ダメならダメ。縁がなかっただけ。
次だ次。

そう考えることもできます。
一理ありますしね。

でも、笑顔に力があるとしたら、と考えることには意味があります。

採用を一緒にしていた社長さんは
「笑顔が大事だよな」と話していました。
理由はこうです。

笑顔のひとには余裕を感じるよね。
正直、面接で話されていることとか
書類に書かれていることが本当かどうか
証明しようがない。

でも「笑ってられないくらい余裕のない事態」があることだけは、
まぁ〜仕事だったらあるじゃないですか。
だから面接の場くらい余裕でいられるひとじゃないと、
一緒に仕事はできないんじゃないかな。

笑顔は余裕。
そう考えてみると、相談者さんが取り組むのは
笑顔の練習ではないかもしれません。

面接で余裕なひとは、どんなひとでしょうか?
キメ顔を持っているひとでしょうか?
話すことをすべて暗記しているひとでしょうか?

実は面接で余裕でいられるひとは、
意識の矢印が「企業目線」です。

具体的に考えていることは、シンプルです。

「私はこの求人内容で採用されたら、
企業のどんな悩みを解決できるだろうか?」

相談者さまが応募している会社は、
どんな課題を抱えていらっしゃいますか?

その部署は何を目指していて、そのためには何が足りないでしょうか?

相談者さまの経験の中で、
企業が目指す先にたどり着くスピードを早くできるものは
何があるでしょうか?

そんな風に問いかけると、
気になることは笑顔といった「自分目線」から
「企業が私に解決してほしいことはなんだ」と「企業目線」に切り替えられます。

面接で「前髪」が気になるひとの心理

ここからは余談です。
佐野の話になるので、読み流してください。

相談者さまが笑顔が気になるように、
実は私は仕事の初顔合わせや
面接のときには(私もよく受けています)
ある部分が気になります。

私は「前髪」が気になります。

癖毛なのでその日の湿度で前髪の感じが変わるんですよね。
「あ、今日はどっちの方向に向いてるんだろう」と
気になってしまいます。
特に湿度が風呂場みたいになる梅雨には。

しかも最近はWeb面談が増えたので
前髪を自分でも見えてしまうんですよ。
悩みは膨らむばかりです。

「前髪一ミリズレて彼とは一生お別れ」的なテンションです。
(大森靖子さん「勹″ッと<るSUMMER」)

「それなら髪切れよ!」と妻や友人には言われ続けていますが、
そんな簡単にはいかないのです。(自分から問題を難しくしている感は自覚ありです)

では、佐野はなぜ「前髪」を気にしてしまうのでしょうか?

もう答えは出ていますね。
意識の矢印が「自分目線」だからです。

面接官や画面の向こうにいるひとのニーズや本音、
目の動きや声の変化を気にしていたら
「前髪」なんて気になりません。

佐野も「相手目線」で今週は頑張ります。
湿度、低いといいなぁ。

メッセージ

他人から見ると「ちっちゃいこと悩んでるなぁ」と思われてしまうことも、
自分にとっては大事なことを教えてくれるサインであり、先生です。

「こんなことで悩むなんて、小さいかな」なんて思わないでOKです。
相談者さまにとっては、「笑顔」が何かを教えてくれるはずです。

このコラムに返信してくださる方や、
感想を届けてくださる方が増えています。
匿名で質問したい場合は、下記をご活用ください。
https://marshmallow-qa.com/atsuhiko_kamiya

お悩みを聞かせていただきましたら、
このコラム上でお答えさせていただきます。
(もちろん、個人が特定される情報は伏せます)
(数が増えているのでランダムになります)
(緊急性や重要性が高いとお考えのものや法人のビジネス相談はキャリア相談をご検討ください)
ぜひ声を聞かせてくださいませ。
どうぞよろしくお願いいたします。

退職学・佐野

English Ver(translated using a generative AI):<Job-Change Consultation> Will I be rejected in an interview if I can’t smile? <Response> Let me share with you the mindset of a president who wishes to hire ‘people who smile’ during interviews.— The Break Room for Your Career

Good morning,

This is Sota Sano from Taishokugaku®️(resignology). You can find me on Twitter @taishokugaku.

Today’s theme is, “Will I be rejected in an interview if I can’t smile?” I’m here to respond to a job-change consultation received through Marshmallow (a free and anonymous service for sharing concerns) and inspired by a topic from this job-change consultation site.

Interviews can indeed be a source of worry, can’t they? When one aspect, such as a smile, becomes a concern, it’s natural to start worrying about other things too, like what to wear. One consultee in their late twenties mentioned wearing colored contact lenses, even worrying about the color of their eyes.

This message is intended for those in the midst of job hunting, those who wish to become better at interviews, and those looking to change industries or job types. I hope you find it helpful.

Job-Change Consultation: Will I be rejected in an interview if I can’t smile?

Here’s the consultation I received. What are your thoughts on this, dear reader?

Dear Mr. Sano,

I am a man in my late twenties currently engaged in job hunting, aspiring for a clerical position. I have read your book “Zero Stress Job Changing” and found it immensely helpful in guiding my job search.

However, I have a question or rather a concern to share with you. Is it true that being bad at smiling (or unable to smile) always leads to rejection in interviews? I am not good at smiling and fear that my stiff expression might create a bad impression and lead to rejection.

Perhaps practicing smiling is important, but I am also wondering if it’s absolutely necessary to smile. I am troubled by these thoughts. Please forgive the lengthy message, but I would greatly appreciate your advice.

Thank you very much for reading “Zero Stress Job Changing” by PHP Institute. Indeed, the book doesn’t specifically address the importance of smiling, does it?

Let me share my thoughts on this.

To begin with, it is not true that you will always be rejected in an interview for being bad at smiling or unable to smile.

Of course, unless you’re applying to a company where “smiling is essential,” being rejected solely for not smiling is unlikely. Please rest assured.

But the power of a smile is not something to be underestimated.

When I was a new graduate struggling to smile during job interviews, one recruiter advised me: “Sano, you don’t need to worry about talking. Just focus on smiling. It makes a big difference in how you’re perceived.” At that time, I was resistant to this idea, thinking, “I want to earn my job offers on my merit, not by smiling.”

Now, however, I find myself wondering what exactly is conveyed through a smile.

What impression do you, dear consultee, have of people who smile?

The Psychology of a President Who Wants to Hire Smiling People in Interviews

It’s possible to think, “I don’t need to worry about smiling. Just be myself in the interview. If it doesn’t work out, it wasn’t meant to be. On to the next opportunity.”

This perspective is valid, to some extent.

However, considering the potential power of a smile is meaningful.

A president with whom I’ve worked on hiring said, “Smiles are important.” Their reasoning was: “People who smile seem more at ease. Honestly, it’s hard to verify if what’s said in an interview or written in documents is true. But if someone is so stressed that they can’t afford to smile, it might indicate they won’t be able to handle stressful situations at work.”

A smile signifies ease. Perhaps, dear consultee, what you might want to focus on is not just practicing smiling but finding ease during the interview.

Who are the people at ease during interviews? Are they the ones with a perfect look? Those who have memorized everything to say?

Actually, those at ease in interviews often view things from the company’s perspective.

They think simply: “If I am hired for this position, what problems of the company can I solve?”

What challenges does the company you are applying to face?

What is the goal of the department you are applying to, and what are they lacking to achieve it?

Among your experiences, what could help the company reach its goals faster?

By asking yourself these questions, you might find that your focus shifts from a “self-perspective” concerned about smiling, to a “company perspective” focused on what the company needs from you.

The Psychology of Someone Worried About Their Bangs in an Interview

This is a side note, so feel free to skim through. It’s about me, Sano.

Just like you are concerned about smiling, I have my own concerns in work meetings and interviews (which I often attend). I get concerned about my bangs.

Having curly hair, the look of my bangs changes with the humidity of the day. I often find myself wondering, “Which way are they facing today?” especially during the humid rainy season.

And with the increase in web interviews, I can see my own bangs, which only adds to my worries.

It’s like the line from Seiko Oomori’s song, “A single millimeter shift in bangs could mean saying goodbye forever.”

My wife and friends keep telling me, “Just get a haircut,” but it’s not that simple (though I do acknowledge I tend to complicate things).

Why do I worry about my bangs? The answer is clear: because I’m viewing it from my own perspective.

If I were focused on the needs and real intentions of the interviewer, their eye movements, voice changes, etc., I wouldn’t be concerned about my bangs.

I, too, will strive to see things from the other person’s perspective this week. Hopefully, the humidity will be low.

Message

What may seem like minor worries to others can be significant and insightful for you. It’s okay to be concerned about “small” things like smiling. These concerns are teaching you something important about yourself.

You might be wondering, “Am I worrying about something trivial?” But don’t worry – your concern about smiling is likely teaching you something valuable.

最新のお知らせ

【キャリア相談】
●キャリア相談、生成AI関連のビジネス相談の詳細、口コミは下記をご覧くださいませ
https://shinro-soudan.com/detail/1ZOZ0kzuyPN121

【最新情報】
●最新のメディア出演、寄稿情報はこちらです

●2000部重版が決まりました:『ゼロストレス転職 99%がやらない「内定の近道」』(PHP研究所)
読んでくださった方、誠にありがとうございます。
こちらにお礼のメッセージを記載しております。
https://taishokugaku.com/2023/11/07/reprint-zero-stress-tenshoku/

●日本初のAIキャリアbotをつくりました(2023年11月10日9時30分現在)
URLはこちらですが、うまく作動しているでしょうか?
https://chat.openai.com/g/g-oUsqQFg9e-moyamoyaruputuo-chu-botutobytui-zhi-xue-r-resignology
現在はChatGPTの有料アカウントのユーザーが使えるようです)
「使えた」「使えなかった」などありましたら、
マシュマロ(無料、匿名でメッセージが送れる)からお聞かせくださいませ
ユーザーの方へのメッセージ、使い方の注意点やポイントをこちらに記載しています

【最新イベント:準備中】
●2024年3月28日(木)20時〜21時30分:第3回読んでなくていい読書会
※ゲスト:あいこさん、くりたかさん
※これまでの回は、すべて増席・キャンセル待ち席分も含めて満席になっています
※※メルマガ「キャリアの休憩室」に登録して、優先情報をお待ちいただければ幸いです

【発売中】
●オーディオブックがはじまりました:『ゼロストレス転職 99%がやらない「内定の近道」』(PHP研究所)
・「Audible会員プランの聴き放題」(月1,500円でおすすめ)
・単体購入はこちら:https://amzn.to/3ZBI2rc(単体だと3,000円でちょっと高い)

●動画予約がはじまりました:未来の自分が楽しみになるキャリアづくり:大阪府主催のキャリアイベント(OSAKAしごとフィールド10周年特別企画)
こちらから動画の配信予約ができます
https://shigotofield.jp/turning_point/#sano
200名以上の予約をいただいているようです。ありがとうございます!

【著作】
●『ゼロストレス転職』(PHP研究所)要約動画
https://youtu.be/4HwOPRcTRUk


●『「会社辞めたい」ループから抜け出そう!』(サンマーク出版)要約スライド
https://taishokugaku.com/book1-summary-review/

【SNS】
●X(旧Twitter)
https://twitter.com/taishokugaku
●Instagram
https://www.instagram.com/taishokugaku/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です