個人向け:10のサービス

【10のサービスメニュー】

詳細・お申し込みはこちら。

【退職学メニュー】
(1)「退職学®︎(resignology)」〜退職後も声をかけられ続ける人物に成長する「最高の会社の辞め方」を問う〜
(2)「セルフ終身雇用」〜自分(自分時間)・仕事・生活(育児・家事)・大切なひとの何一つ犠牲にしない働き方〜【リザイン・マネジメントメニュー】
(3)「リザイン・マネジメント(Resign Management)」〜退職者「も」ファンにする過程でピンチに強くなる組織開発〜
【マイキャリアメニュー】
(4)パワーワード編集〜自分の経験、ノウハウ、資格を「独立後も指名が続くサービス名」に書き換える
(5)アイディアシャワー大会〜「なんだか働き方に窮屈に感じる」と思ったときに大量のアイディアを浴びて開放する〜(6)本音会〜職場で感じるモヤモヤやイライラを成仏させてかつ強みに気づく〜
(7)ベストチョイス〜転職か現職か、副業(複業)?独立?本音の意思決定を下す〜
(8)セルフネーミング〜経験から強みを抽出して、伝わる言葉に変換する〜
【スペシャルメニュー】
(9)ブックトーク〜『「会社辞めたい」ループから抜け出そう!転職後も武器になる思考法』(サンマーク出版)についてなんでもトーク〜
(10)フリートーク

【対談のスタンス】
●戦友>先生
●対談>傾聴
●ゆるい空気、真剣なテーマ>シリアスな空気、真剣なテーマ

【佐野の性格】
●現実>理想
●工夫>努力
●拡散>集約
●雑談>会議
●コラボ>独占
●戦わない>勝利を目指す
●関係性の時代>個の時代
●音楽も哲学も>ビジネス一筋
●供給1になる>その他大勢に紛れる
●事業開発、編集>カウンセラー、コーチ
●会社と補完関係を結ぶ>会社を踏み台にする
●弱みと強みの統合>弱みの克服、強みの追求
●寄り道多めのキャリア>キレッキレのキャリア
●需要と供給の一致点をの探究>好きなこと、自分らしさを追求

【退職後も声をかけられ続ける人物に成長する「セルフ終身雇用」】セッション

これからは組織の一員として働きながらも、転職や独立、副業(複業)を組み合わせる働き方がもっとも幸せな働き方になります。それは仕事・暮らし(結婚生活や育児)・趣味や自分時間の何一つ犠牲にしない働き方です。

それはひとりではつくれません。退職後、ひとつの仕事の終了後も声をかけてくれるひとや会社を増やし続ける。そして、年齢を重ねてふと振り返ると「また一緒に仕事をしよう」と言ってくれるひとを増やす。そんな退職後も声をかけられ続ける人物に成長する「セルフ終身雇用」の働き方を一緒につくりましょう。

確かに一社がくれる終身雇用は幻想だとわかりました。でも、複数の会社やひとと一緒に仕事を創る「セルフ終身雇用」は可能です。お申し込みページはこちらです。

●「セルフ終身雇用」セッションの流れ
※流れはありますが、あなたを型にはめ込むことはありません。流れに乗って、それでもはみ出す個性やあなたらしさを大切にします。

(1)モヤモヤ成仏パート:「会社辞めたい」「転職しようかな」のモヤモヤや焦り、不安から本音を抽出し、磨く
ネガティブな感情はすべて「本音のうずき」です。否定する必要はないどころか、積極的に活用します。強みだけでなく、弱みや嫌いなところを受けいれると、まるっと自分を好きになれます。
この本音が自分でわかった状態になれば「この会社に残ろう」も「転職活動をはじめよう」も悔いなく決められるあなたになります。
ここでは「退職成仏ノート」や「人間関係の仕分けノート」を一緒に作成します。
※この内容を拙著『「会社辞めたい」ループから抜け出そう!転職後も武器になる思考法』(サンマーク出版)(2022年1月8日発売)にまとめました。出版の背景はこちらをご覧ください。

(2)本音磨きパート:擬似転職してみる
日々の仕事を1on1で振り返る月1セッションと、疑似転職をセットに進めます。疑似転職とは、転職サイトや複業(副業)サイトに一緒に応募したり、面接の戦略策定や練習を一緒にすることです。この組み合わせで「私は本当はどうしたいんだっけ」を明らかにしていきます。

(3)社内副業パート:仕事を創れる自分になる
働くモヤモヤの一つの正体は「仕事をさせられている感覚」です。これを払拭するには「仕事を創れる自分になること」が一番の近道です。そのため、これまで「うちの会社のここがダメ」と思っていた部分を「仕事のタネだ」と発想を転換し、あなたの強みで仕事を創る計画を立て、実行します。
社内副業を自分からはじめたあなたは仕事を創れる自分になり、自信に満ち溢れているでしょう。生み出した仕事は退職する際には、引き継ぎを超える財産を置き土産として残すことができます。
さらには、その経験は職務経歴書や面接で自主性や仕事を生み出せる能力があることを証明するキラーコンテンツになります。

(4)「明日への手紙」パート:退職後も声をかけられ続ける人物に成長する
(1)〜(3)を経たあなたはいまの会社に対するネガティブな感情を消せています。そのため、「円満退職では物足りない」「退職してもつながりを持って、いまの会社やひとをキャリア資産にしたい」と考えられるようになっています。
最後の仕上げは「明日への手紙」です。「ありがとうございました」ではなく「これからもつながり続けてください」という未来系の手紙を書くことで、いまの会社のつながりをキャリア資産に変えられます。
その資産は未来の転職先になったり、相性の良い取引先になったり、独立後の最初の顧客になったりします。

ご関心いただける場合はこちらのページをご覧ください。