<キャリア相談>47歳です。がむしゃらな働き方に虚しさを覚えています〜キャリアの休憩室〜

おはようございます。
退職学®︎の佐野創太(@taishokugaku)です。

本日のテーマは
「47歳です。がむしゃらに働いた貯金で楽しく生活しよう、
ではダメな気がしてきました」です。

メルマガ読者さまからいただいたご質問です。

転職のその先の働き方について悩む
正直、人生レベルで悩んでる気がする
いまさら生き方を変える勇気がない

そうお考えの方に受け取っていただければ幸いです。

キャリア相談:何歳までがむしゃらに働けばいいんでしょうか?

いただいたご質問はこちらです。

47歳です。

本屋で見つけた佐野さんの「会社辞めたいループから抜け出そう」を読みました。私の最近の違和感が言葉になっていたように感じられました。違和感は、「いつまで仕事第一で働けばいいんだろう」です。

20代は「仕事第一」と考えて働き、30代も「ここを越えれば楽になる」とがむしゃらでした。
気がつけば40も後半になって、ふと「いつまでこの働き方なんだろう」と虚しさを覚えるようになっています。

これまではどんなに辛いことや理不尽があったとしても何とかなりました。「これを越えれば」と思い続けて、「若い時にがむしゃらに頑張れば、歳をとったときに楽になる」という考え方を信じていたからです。しかし、「そろそろ歳をとってきたな」と思って振り返ったところ、がむしゃらに働くやり方が抜けません。癖になっています。給料は上がってはいますし出世もできていますが、どんどん辛さが大きくなっています。

のんびり暮らしてみるか、とも思うのですが家族もいるので簡単に会社を辞めるわけにもいきません。いつまでがむしゃらに働き続ければいいのでしょうか?

ここまで書いていて何が悩みかよくわからないとはわかっているのですが、どう考えていけばいいか不透明です。こんな相談でもOKでしょうか?

よろしくお願いいたします。

ご質問くださり誠にありがとうございます。
『「会社辞めたい」ループから抜け出そう!』(サンマーク出版)を読んでくださり、
とても光栄です。

これまで質問者さまは努力を積み重ね、修羅場をくぐり抜け
いまの地位を確立されていることと思います。

素直に、尊敬申し上げます。
組織の中で出世することはつまり、
客観評価の積み重ねです。
なかなかできることではありません。

その上で、現在は「がむしゃらな働き方からくる辛さが大きくなっている」とのことです。
しかし「癖になっているし家族もいるから簡単には抜け出せない」ご状況です。

こんなときはどうすればいいでしょうか?

実は「燃え尽きている」「働き過ぎた」という方は
キャリア相談でもよく寄せられる声です。

質問者さまの状況と、解決策についてお伝えします。
受け取っていただけますと幸いです。

キーワードは「仕事人以外のアイデンティティーを育てる」です。
パラレルキャリアという言葉のような、パラレルアイデンティティーです。

なぜ「仕事人」だけだと虚しくなるのか

これまで質問者さまは「良き仕事人」として、
キャリアを積み重ねてきたとお見受けします。

会社や顧客の声に応え続け、信頼されていまがある。
輝かしいキャリアです。

それにも関わらず質問者様が抱える「虚しさ」の正体は
何が考えられるでしょうか?

これは働くことの薄暗い面とも言えるかもしれません。

結果を出す方ほど、特に複雑な社内政治が渦巻く中で出世される方ほど
自分の本音よりも周囲の期待を優先させます。

最初はそれによって得られるものの大きさにやりがいを感じるのですが、
段々と「自分がわからない」「このままでいいのだろうか」と思う方もいらっしゃいます。

「清濁併せ吞む」と言えば聞こえはいいのですが、
その実は「本音を隠して仮面をかぶっている」のかもしれません。

質問者さまは、仮面が剥がせなくなっていることに
窮屈さを感じている可能性があります。

「仕事だけ頑張ってきた、のに辛い」をスッキリさせる「パラレルアイデンティティー」

解決策は何があるでしょうか?
これが冒頭に申し上げた「パラレルアイデンティティー」です。

平たく言い換えると「複数の自分」です。
複数の自分を育てることで、
もう一度暮らしにハリが出てきたり、
また仕事が楽しくなったりすることがあります。

『静かな働き方 「ほどよい」仕事でじぶん時間を取り戻す』(日経BP 日本経済新聞出版)という本の一節をお届けします。

すべてのエネルギーを仕事に注ぎ込むと、自分の中に存在する配偶者、親、兄弟姉妹、隣人、友人、市民、アーティスト、旅人といった他のアイデンティティを育む余力がなくなってしまう。投資家が投資先を多様に分散させることで利益を得るのと同じように、人もまたアイデンティティややりがいを感じる活動を多様に広げることから恩恵を得る。
『静かな働き方 「ほどよい」仕事でじぶん時間を取り戻す』(日経BP 日本経済新聞出版)P23

質問者さまも、「すべてのエネルギーを仕事に注ぎ込む」ことで
「自分の中に存在する〜〜〜〜他のアイデンティティを育む余力がなくなってしまう」状況にある、と考えるのはいかがでしょうか?

質問者さまは仕事人として結果を残してきたことは、
自他共に認めるところなはずです。

では、質問者さまの仕事人以外のアイデンティティーは
仕事人のように育っているでしょうか?

ご家族がいらっしゃるようですので、
お子さまがいらっしゃるとしたら
親というアイデンティティーがあります。

パートナーの方がいらっしゃれば、
パートナー(夫や妻)も考えられます。

質問者さまは趣味などはありますでしょうか?
ご友人とは最近話せているでしょうか?

もし「そういえば、後回しにしている役割や人間関係があるかも」と
思い当たる節があれば、そこに時間と気持ちを傾けてみるのはいかがでしょうか?

質問者さまは仕事人として、
これまで多くの経験やスキルを身につけていらっしゃいます。
他のアイデンティティーを育てるのも、早くできるはずです。

確かに、例えば仕事人と家庭人のルールは違うでしょう。
それでも、質問者様は「こんなルールがあるのか。ではこう動こう」と見極めて
いまがあるはずです。

きっと、仕事人とは違うアイデンティティーも
仕事人と同じくらい豊かに育てられます。

少しでも考える糸口になれば幸いです。

=====ここまでがコラムです=====

メッセージと最新のお知らせ

組織開発でも「仕事人だけしか許されない社風はまずいかも」という話は出ます。
離職につながるんですよね、仕事人以外のアイデンティティーが封殺されると。

管理職の方は特に悩むことが多いので、
質問者さまの声は経営者や人事の方々にも届けばと思います。

このコラムに返信してくださる方や、
感想を届けてくださる方が増えています。
匿名で質問したい場合は、下記をご活用ください。
https://marshmallow-qa.com/atsuhiko_kamiya

お悩みを聞かせていただきましたら、
このコラム上でお答えさせていただきます。

(もちろん、個人が特定される情報は伏せます)
(数が増えているのでランダムになります)
(緊急性や重要性が高いとお考えのものはキャリア相談をご検討ください)

ぜひ声を聞かせてくださいませ。
どうぞよろしくお願いいたします。

退職学・佐野

P.S.トップ画像の菜の花(Brassica rapa)の花言葉は「快活」です

==========

【キャリア相談】
●キャリア相談の詳細、口コミは下記をご覧くださいませ
https://shinro-soudan.com/detail/1ZOZ0kzuyPN121

【最新情報】
●2000部重版が決まりました:『ゼロストレス転職 99%がやらない「内定の近道」』(PHP研究所)
読んでくださった方、誠にありがとうございます。
こちらにお礼のメッセージを記載しております。
https://taishokugaku.com/2023/11/07/reprint-zero-stress-tenshoku/

●日本初のAIキャリアbotをつくりました(2023年11月10日9時30分現在)
URLはこちらですが、うまく作動しているでしょうか?
https://chat.openai.com/g/g-oUsqQFg9e-moyamoyaruputuo-chu-botutobytui-zhi-xue-r-resignology
現在はChatGPTの有料アカウントのユーザーが使えるようです)
「使えた」「使えなかった」などありましたら、
マシュマロ(無料、匿名でメッセージが送れる)からお聞かせくださいませ
ユーザーの方へのメッセージ、使い方の注意点やポイントをこちらに記載しています

【最新イベント:準備中】
●2024年1月11日(木)20時〜21時30分:第6回「著者・編集者のためのChatGPT活用トークライブ」
※『人生がときめく片づけの魔法』(近藤麻理恵)の編集者であり、ブックオリティ出版ゼミ学長のタカトモさんとの共催セミナー
※お申し込みページは準備中
※メルマガ「キャリアの休憩室」に登録して情報をお待ちいただければ幸いです

●2024年3月28日(木)20時〜21時30分:第3回読んでなくていい読書会
※ゲスト:あいこさん、くりたかさん
※これまでの回は、すべて増席・キャンセル待ち席分も含めて満席になっています
※※メルマガ「キャリアの休憩室」に登録して、優先情報をお待ちいただければ幸いです

【発売中】
●オーディオブックがはじまりました:『ゼロストレス転職 99%がやらない「内定の近道」』(PHP研究所)
・「Audible会員プランの聴き放題」(月1,500円でおすすめ)
・単体購入はこちら:https://amzn.to/3ZBI2rc(単体だと3,000円でちょっと高い)

●動画予約がはじまりました:未来の自分が楽しみになるキャリアづくり:大阪府主催のキャリアイベント(OSAKAしごとフィールド10周年特別企画)
こちらから動画の配信予約ができます
https://shigotofield.jp/turning_point/#sano
200名以上の予約をいただいているようです。ありがとうございます!

【著作】
●『ゼロストレス転職』(PHP研究所)要約動画
https://youtu.be/4HwOPRcTRUk


●『「会社辞めたい」ループから抜け出そう!』(サンマーク出版)要約スライド
https://taishokugaku.com/book1-summary-review/

【SNS】
●X(旧Twitter)
https://twitter.com/taishokugaku
●Instagram
https://www.instagram.com/taishokugaku/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です