<転職相談>30社ほど転職の書類選考で落とされてまいっています〜キャリアの休憩室〜

おはようございます。
退職学®︎の佐野創太(@taishokugaku)です。

本日のテーマは「転職したい会社ほど見送られて、応募先がありません」です。
かなり辛い状況かと推察します。
マシュマロ(無料・匿名で悩みが書き込める相談サービス)からいただいた転職相談に、
お返事させていただきます。

転職活動を進めているが結果が出ない
効率よく転職活動を進めたい
妥協せずに転職したい

そんな方に受け取っていただければ幸いです。

※複数回にわけてお返事いたします
※マシュマロの性質上、佐野がまったくの検討外れになる可能性もあります
その場合はマシュマロでご指摘いただくか、キャリア相談をご検討ください

転職相談:転職したい会社ほど見送られて、応募先がありません

いただいているお悩みはこちらです。
『ゼロストレス転職』(PHP研究所)と
『「会社辞めたい」ループから抜け出そう!』(サンマーク出版)を読んでくださり
誠にありがとうございます。

この悩み、実は多くの方が抱えていらっしゃるんですよね・・・
「転職はしたい」けど「行きたい会社がない」問題です。

はじめて投稿いたします。

7月に佐野様の著書2冊を拝読し、「本音磨き」を続けています。最初のうちはノートに書いていましたが、最近は「なぜそう思うのか・考えるのか」、「本当はどうしたいのか・ありたいのか」「過去に同じようなことはなかったか」を自問自答することが習慣のようになっています。おかげで自分の求めることがどんどんクリアになり、「本音磨き」の重要性と効果を実感しています。

ところが、本音がクリアになったことで、エージェントから紹介される求人や企業HPの見方が変わり、応募したい求人が少ない(ほとんどない)状況になってしまいました。 エージェントからは「まとめて・複数(一度に5社程度)応募」「常に20件程度の応募ストック」を催促されています。しかし、もし書類通過しても志望動機がないのでは、エージェントにも企業様にも申し訳ないですし、それでは面接もうまくいかないことは明白で、紹介求人を見ることも億劫に感じられます。

また、「ここは」「ここなら」と思って応募した企業様(30社ほど)は全て書類選考で見送りとなり、精神的にもかなりまいっています。エージェントに職務経歴書の見直しを相談しましたが「問題ないです。応募数が少ないからです。」と言われ、行き詰まりを感じています。

佐野様はプラスアルファの書類の作成・提出を勧めておられますが、管理部門(経理)の場合、どのような書類が有用か思いつきません。アドバイスをいただけましたら 幸いです。どうぞよろしくお願いします。

相談者さまの状況は
「応募したい求人が少ない(ほとんどない)状況になっている」、
「紹介求人を見ることも億劫に感じられる」です。

自分のしたい仕事や思考がクリアになっているにも関わらず、
転職活動で苦戦するのはなぜなのでしょうか?

いただいた内容からの推測を多く含んでしまい恐縮ですが、
まずはここを分析させていただきます。
仮説は複数あるので、複数回にわけてお返事いたします。

仮説が立てられれば、クリアになっている相談者さまは
きっと転職活動を前に進められます。

本日は原因の分析に特化して
お返事させていただきます。

また、先にお伝えしたいことがあります。
意向の高い企業の書類選考で結果が出ないと、
大変落ち込むことと思います。
「選ばれなかった」経験は、転職の決意すらも鈍らせます。

一方で、企業がお見送りする理由のほとんどは、
候補者に責任がありません。
そもそも求人が閉じた、社内で調整することにしたといったものすらあります。

年齢が上がるほど「10社に1社、面接に行ければよい」くらいの確率になっていきます。

相談者さまの文章からは真摯なお人柄を感じましたので、
「転職市場の事情」といった、
「重く受け取らない方がいい事情」があることを
先にお伝えさせていただきます。

転職がスルスルうまくいくための「4つの仮説」

自己理解が深まっていて、
かつ転職エージェントから求人が送られてきているにも関わらず
下記のような状況になる原因はいくつか考えられます。
>「ここは」「ここなら」と思って応募した企業様(30社ほど)は全て書類選考で見送り」

大きく分けると、下記の4つです。
詳しくお聞きしないと分からない部分も多いですが、
これらの仮説を検証していくと

相談者さまが願う転職先に辿り着ける確率は高まります。

(1)転職エージェントの得意と相談者さまの意向が合っていない
(2)年齢が30代後半以上などで、マネジメント経験もしくは
希少性の高い専門性をアピールできていない
(3)応募の際に「やりたいこと」アピールになっていて「貢献と再現性」アピールが少ない

(4)そもそも求人数が少ない、ハードルが高い条件を持っている(極端な例ですが、30代で年収1500万でフルリモートで営業職など)

(仮説1)転職エージェントの得意と相談者さまの意向が合っていない

転職エージェントとの相性はいかがでしょうか?

「なんだか話が合わない」「とりあえず応募させようとしてない?」など
違和感を覚えたことがあれば、
この仮説を検証する価値はあります。

例えば転職エージェントには「得意領域」があります。
見極め方はシンプルです。
「業界×職種×企業規模×職位×年収×地域×その他属性」です。

例えば「IT業界×マーケティング×中堅企業×リーダー×500万×関東×女性」などです。

この7つの要素の一致が多いほど、
転職エージェントとの相性は良いと考えられます。

相談者さまの転職エージェントは、
一致している要素は多いでしょうか?

一致している転職エージェントを選ぶだけで、
驚くほど簡単に転職先が見つかることがあります。

転職エージェントに「もっといい求人」を持ってきてもらう方法

具体的に、転職エージェントに「もっといい求人」を
持ってきてもらう行動があります。

「プッシュ型求人リクエスト」です。

相談者さまの場合は、
【「ここは」「ここなら」と思って応募した企業様(30社ほど)】の共通点を複数出して、
「こんな企業の求人はありますか?」「どんな業界にありますか?」と聞いてみるなどは
いかがでしょうか?

ポイントは共通点を複数出すことです。
意外と転職エージェントは
「このひと、どんな企業行きたいんだ?」と
わからずに悩んでいます。

仮説の3つ目にも絡んでくるのですが、
「やりたい仕事」を「貢献できる仕事(してきた仕事)」に
言い換えて伝えると、
転職エージェントは「いい求人」を
紹介する回数は増えます。

さらには、「プッシュ型求人リクエスト」をすると、
クリアになった相談者さまの
「こんな会社に行きたい」「こんな仕事がしたい」に
優先順位がついてきます。

「優先順位」が大切なポイントです。

推察で恐縮ですが、
相談者さまは「したい仕事」や「待遇」など
ひとつひとつがはっきりしてきています。

一方で、転職活動は「交渉」です。
企業とのすり合わせが発生します。
つまり、自分の希望と企業の要望の
一致点を模索する活動です。

「この条件は外せるけど、これは外せない」といった、
採用企業でいう「必須要件と歓迎要件」の色付けは
どの程度進んでいるでしょうか?

「いまの仕事のここを一番変えたくて転職したいんだ」

ここが定まると、
妥協することなく応募したいと思える、
かつ通過率が高い企業が炙り出されます。

応援しています。

メッセージと最新のお知らせ

本日は仮説1でお返事させていただきました。
ずれていたら遠慮なくご指摘いただくか、
キャリア相談でお話を聞かせてくださいませ。

マシュマロやメルマガ相談は、
どうしても「あなたへのお返事」になりにくいんですよね・・・
推察が多めの一般的な回答になりがちです。

最近悩んでいます。
悩みは尽きないですね・・・

このコラムに返信してくださる方や、
感想を届けてくださる方が増えています。
匿名で質問したい場合は、下記をご活用ください。
https://marshmallow-qa.com/atsuhiko_kamiya

お悩みを聞かせていただきましたら、
このコラム上でお答えさせていただきます。
(もちろん、個人が特定される情報は伏せます)

ぜひ声を聞かせてくださいませ。
どうぞよろしくお願いいたします。

退職学・佐野

==========
【最新情報】
●2000部重版が決まりました:『ゼロストレス転職 99%がやらない「内定の近道」』(PHP研究所)
読んでくださった方、誠にありがとうございます。
こちらにお礼のメッセージを記載しております。
https://taishokugaku.com/2023/11/07/reprint-zero-stress-tenshoku/

●日本初のAIキャリアbotをつくりました(2023年11月10日9時30分現在)
URLはこちらですが、うまく作動しているでしょうか?
https://chat.openai.com/g/g-oUsqQFg9e-moyamoyaruputuo-chu-botutobytui-zhi-xue-r-resignology
現在はChatGPTの有料アカウントのユーザーが使えるようです)
「使えた」「使えなかった」などありましたら、
マシュマロ(無料、匿名でメッセージが送れる)からお聞かせくださいませ
ユーザーの方へのメッセージ、使い方の注意点やポイントをこちらに記載しています

【最新イベント:準備中】
●2024年1月11日(木)20時〜21時30分:第6回「著者・編集者のためのChatGPT活用トークライブ」
※『人生がときめく片づけの魔法』(近藤麻理恵)の編集者であり、ブックオリティ出版ゼミ学長のタカトモさんとの共催セミナー
※お申し込みページは準備中
※メルマガ「キャリアの休憩室」に登録して情報をお待ちいただければ幸いです

●2024年3月28日(木)20時〜21時30分:第3回読んでなくていい読書会
※ゲスト:あいこさん、くりたかさん
※これまでの回は、すべて増席・キャンセル待ち席分も含めて満席になっています
※※メルマガ「キャリアの休憩室」に登録して、優先情報をお待ちいただければ幸いです

【発売中】
●オーディオブックがはじまりました:『ゼロストレス転職 99%がやらない「内定の近道」』(PHP研究所)
・「Audible会員プランの聴き放題」(月1,500円でおすすめ)
・単体購入はこちら:https://amzn.to/3ZBI2rc(単体だと3,000円でちょっと高い)

●動画予約がはじまりました:未来の自分が楽しみになるキャリアづくり:大阪府主催のキャリアイベント(OSAKAしごとフィールド10周年特別企画)
こちらから動画の配信予約ができます
https://shigotofield.jp/turning_point/#sano
200名以上の予約をいただいているようです。ありがとうございます!

【キャリア相談】
●キャリア相談の詳細、口コミは下記をご覧くださいませ
https://shinro-soudan.com/detail/1ZOZ0kzuyPN121

【著作】
●『ゼロストレス転職』(PHP研究所)要約動画
https://youtu.be/4HwOPRcTRUk


●『「会社辞めたい」ループから抜け出そう!』(サンマーク出版)要約スライド
https://taishokugaku.com/book1-summary-review/

【SNS】
●X(旧Twitter)
https://twitter.com/taishokugaku
●Instagram
https://www.instagram.com/taishokugaku/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です