<キャリア相談>いつまでこの会社にいるんでしょうか?<お返事>”締め切り”つくりますか?〜キャリアの休憩室〜

おはようございます。
退職学®︎の佐野創太(@taishokugaku)です。

本日のテーマは「転職のタイミングがわかりません」です。
キャリア相談の中で話題になった、
「この会社にずっといないとは決めたんですけど、
具体的に転職するタイミングっていつがいいんでしょう?」です。

これはいくつかパターンがあります。
本日は「辛い状況にあるけれど、
今すぐ退職するのは転職活動で不利だ」と考えているパターンについて
お伝えします。

「いつまで耐えられるか」という状況になっている
早く辞めたいがいま辞めると逃げな気がする
転職前にいまの会社で何を最後にしたらいいか考えている

そんな方にも届けば幸いです。
キーワードは「締め切り力」です

=====ここからがコラムです=====

「いつまでこの会社にいるか」締め切りを決めてしまおう

「転職することは決めました。
でもいつまでいまの会社にいようか、
決めかねています」

そんな相談をよくいただきます。
この状態のままで「3年経ってしまいました」なんて方もいらっしゃいます。

この宙ぶらりん状態、辛いんですよね・・・
終わりがあると「それまではなんとか」と思えるのですが、
ないと「え、いつまでこの状態・・・?」と気が遠くなります。

ご提案です。
締め切りをつくるのはいかがでしょうか?

確かに責任感が強いひとほど、
役職が上がるほどに
「自分ひとりでは退職を決められない」悩みを抱えます。

しかし、あなたが決めれば
意外なほど動き出します。
誰も決めてくれないですしね・・・

「最終出社日」をさっと決める2つの方法

ここでの締め切りとは、
つまり「最終出社日」です。

「最終出社日」は、意外にも簡単に決められます。

あなたの会社にも、いくつかの「区切り」がないでしょうか?

「うちの会社は異動があるとしたら●月だ」であったり、
「繁忙期が終わるのが●月だ」であったり、
「プロジェクトはあと半年で終わる」など。

こういった「自然にある終わり」を
最終出社日に定めるのはいかがでしょうか?

感性的に決めることもできます。

例えばあなたの誕生日はいかがでしょうか?
「そんな適当な」と思われたかもしれませんが、
あるキャリア相談者さまは「子どもの誕生日を締め切りにしました」と話していました。

あなたの記念日を締め切りにするのはいかがでしょうか?

意外と、最後の日は自分で決められちゃうものです。

最終出社日を決めると、「やるべきこと」が見えてくる

締め切りは、とても大きな力をくれます。

ちょっと学生時代を思い出していただいてOKでしょうか?

テスト前になると、不思議な力が湧いてきて(?)
徹夜をした経験がある方もいらっしゃるのでは。

夏休みの最終日になると、
2ヶ月分の力が湧いてきて(?)
親を動員するほどのパワープレーをした人もいらっしゃるはず。

これを「デッドライン効果」といいます。
つまり、締め切りを設けると、力が湧いてくるのです。

仕事でも応用が効きますし、
既に実感されている方もいらっしゃるはずです。

厳しい営業ノルマを課せられて
「あと1週間でなんとか達成しないと・・・!」と
終わりが見えているときには行動量が増したり。

「嫌な顧客だけどあと1ヶ月もすれば私が異動だから、
なんとか頑張るか」と思えたり。

人はゴールテープがあると、走り切れます。
反対に、出口があるかわからない迷路は
最初の一歩も踏み出せないです。
本当はすぐにゴールがあったとしても、です。

いまの環境をつらく感じているときは、
もしかするとゴールのないマラソン、
出口のない迷路にいるような状況かもしれません。

「この状況は自分で終わりをつくれる」

そんな力があることを思い出して、
前に進んでいただければと思います。

応援しています。

=====ここまでがコラムです=====

メッセージと最新のお知らせ

締め切りの話をお伝えしたのは、
「そろそろ定年退職なんだよね。
久しぶりに仕事が楽しい」という方とお話ししたからです。

終わりが見えると走れるし、
何より走るのが楽しくなるんですよね。

佐野もこまめに終わりをつくっていこうと思います。

このコラムに返信してくださる方や、
感想を届けてくださる方が増えています。
匿名で質問したい場合は、下記をご活用ください。
https://marshmallow-qa.com/atsuhiko_kamiya

お悩みを聞かせていただきましたら、
このコラム上でお答えさせていただきます。
(もちろん、個人が特定される情報は伏せます)

ぜひ声を聞かせてくださいませ。
どうぞよろしくお願いいたします。

退職学・佐野

P.S.トップ画像のスイートピー(Lathyrus odoratus)の花言葉は「門出」です

==========
【最新情報】
●2000部重版が決まりました:『ゼロストレス転職 99%がやらない「内定の近道」』(PHP研究所)
読んでくださった方、誠にありがとうございます。
こちらにお礼のメッセージを記載しております。
https://taishokugaku.com/2023/11/07/reprint-zero-stress-tenshoku/

●日本初のAIキャリアbotをつくりました(2023年11月10日9時30分現在)
URLはこちらですが、うまく作動しているでしょうか?
https://chat.openai.com/g/g-oUsqQFg9e-moyamoyaruputuo-chu-botutobytui-zhi-xue-r-resignology
現在はChatGPTの有料アカウントのユーザーが使えるようです)
「使えた」「使えなかった」などありましたら、
マシュマロ(無料、匿名でメッセージが送れる)からお聞かせくださいませ
ユーザーの方へのメッセージ、使い方の注意点やポイントをこちらに記載しています

【最新イベント:お申し込み受付中】
●満席:12月14日(木)20時〜21時30分:読んでなくていい読書会
ゲスト:あいこさん、くりたかさん
お申し込みページ:https://book-club-with-no-reading-required-1214.peatix.com/view
※11月30日(木)10時40分:満席になりました(無料・名前の入力は不要)
増席の場合はメルマガでお知らせします
下記に登録してお待ちくださいませ
https://taishokugaku.com/mailmagazine-sns/

【最新イベント:準備中】
●2024年1月11日(木)20時〜21時30分:第6回「著者・編集者のためのChatGPT活用トークライブ」
※『人生がときめく片づけの魔法』(近藤麻理恵)の編集者であり、ブックオリティ出版ゼミ学長のタカトモさんとの共催セミナー
※お申し込みページは準備中
※メルマガ「キャリアの休憩室」に登録して情報をお待ちいただければ幸いです

【発売中】
●オーディオブックがはじまりました:『ゼロストレス転職 99%がやらない「内定の近道」』(PHP研究所)
・「Audible会員プランの聴き放題」(月1,500円でおすすめ)
・単体購入はこちら:https://amzn.to/3ZBI2rc(単体だと3,000円でちょっと高い)

●動画予約がはじまりました:未来の自分が楽しみになるキャリアづくり:大阪府主催のキャリアイベント(OSAKAしごとフィールド10周年特別企画)
こちらから動画の配信予約ができます
https://shigotofield.jp/turning_point/#sano
200名以上の予約をいただいているようです。ありがとうございます!

【キャリア相談】
●キャリア相談の詳細、口コミは下記をご覧くださいませ
https://shinro-soudan.com/detail/1ZOZ0kzuyPN121

【著作】
●『ゼロストレス転職』(PHP研究所)要約動画
https://youtu.be/4HwOPRcTRUk


●『「会社辞めたい」ループから抜け出そう!』(サンマーク出版)要約スライド
https://taishokugaku.com/book1-summary-review/

【SNS】
●X(旧Twitter)
https://twitter.com/taishokugaku
●Instagram
https://www.instagram.com/taishokugaku/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です