<転職相談>転職エージェントが噛み合いません。代えた方がいいですか?〜キャリアの休憩室〜

おはようございます。
退職学®︎の佐野創太(@taishokugaku)です。

本日のテーマは「転職エージェントが合わない」です。
マシュマロ(無料・匿名で悩みが書き込める相談サービス)から
転職相談をいただきました。

転職活動の力強い味方であり転職のプロである転職エージェント。
のはずなのに「なんだか違和感がある」という相談は、
どんどん増えているように感じます。

転職エージェントが頼りない
なんで合わない求人を送ってくるの?
担当者を代えられないものか

そんなモヤモヤを感じたことがある方に届けば幸いです。

お悩み:転職エージェントが「微妙」です

お悩みはこちらです。
本日はひとつめの「引き続きお願いするべきでしょうか?」に
お返事します。

エージェントさんにお願いしているのですが、どこか噛み合わないな〜という印象です。教えていただいてる求人も微妙です。

Q1.これは引き続きお願いするべきでしょうか?
Q2.どうしたら良いエージェントさんに会えますか…?

相談者さまの「転職エージェントが微妙な気がする」は
とても鋭い感覚です。
たいていの場合はその直感に従うことをおすすめします。

無理にエージェントに合わせると本音が歪んで
「転職できたけど微妙な会社に入社してた」なんてことになりかねません。

「引き続きお願い」はしなくてOKです。

私も転職エージェントの経験があり、
いまでも転職エージェントの顧問をしています。
ということもあって、転職エージェントには
厳しい立場を取ってしまうことがあります。

私から見えている範囲で、
正直にお伝えできれば幸いです。

「転職エージェントが微妙だな」と感じる理由は、
大きく2つあります。

転職エージェントが微妙な理由1.担当者の力量不足

一つ目の理由は「担当者の力量不足」です。

転職エージェントのレベルはまちまちです。
中には求人企業から「あなたが推薦するなら、
書類選考はパスでいいですよ」と
信頼されているひともいます。

そんな担当者は、求人企業についてはもちろんのこと、
業界の動向にも明るく、
求職者の数年先の仕事と生活を見据えて
転職サポートができています。

一方で、そんなひとばかりではありません。
むしろ少数派です。

ただ単に企業からもらった求人を
あなたに横流ししているひともいます。
残念です。

そのため、相談者さまが「噛み合わないな」と思っているひとは、
後者のエージェントである可能性があります。

「ということでそのエージェントはすぐにやめましょう」とはなりません。

なぜなら、目の前の担当者だけがだめなだけかもしれないからです。
つまり、他の担当者はしっかりしている可能性もありますし、
その会社には良い求人がある可能性すらあります。

ということで「担当変更ができないか」を打診するという方法があります。

担当者は変えられない、選べないと思わされがちですが、できます。
実際にキャリア相談にいらした方で、
担当を変更してうまく転職できた方がいらっしゃいます。

なので、まずは「目の前の担当者がだめなのかも」と思っていただき、
担当変更はできないか考えてみるのはいかがでしょうか?

転職エージェントが微妙な理由2.優先順位が下げられている

とはいえ、担当者の変更なんてクレーマーみたいだし・・・

と思ってしまうかもしれません。
これは「転職エージェントが微妙だな」と感じる理由の二つ目に関連します。

理由の二つ目は「あなたの優先順位が低い」です。

なんて失礼な、求職者は平等に扱うべきだ

と思うかもしれませんし、それが通常の感覚です。

しかし、ほとんどの転職エージェントは
「このひとは決まりそうだな」「無理そうだな」と選別しています。

転職エージェントもビジネスである以上、
「選別」は起こり得ます。

ということで、担当変更やエージェント会社そのものの変更の前に
「優先順位を上げられないか」と考えるのはいかがでしょうか?
これは、他のエージェントを使うときにも有効なので、おすすめです。

優先順位の上げ方は複数です。
「必ず転職すると決めています」という
本気度を伝えるのもそのひとつです。

「こういった会社がイメージです」と
エージェントが類似した求人を持ってきやすくするのもひとつです。

そういうのを転職エージェントがやってくれよ・・・

と思うのも自然なのですが、
残念ながら・・・そこまでする転職エージェントは少数派です。

転職エージェントは確かに力強い転職のパートナーです。
一方で「企業の0次面接官」つまり、
あなたを最初に選別するひとでもあります。世知辛いですが。

そんな風に「まず転職エージェントの選別を突破するには」
と考えてみていただければと思います。

これをしてもダメならば、もうダメです。
お感じのように、担当者か転職エージェント自体を代えてください。

応援しています。

メッセージ

「おすすめの転職エージェントはどこですか?」と
聞かれることは多いです。

担当者次第なことも多いですが、
「私はどんな商品かな」と考えると
相性の良いエージェントが見えてきます。

つまり自分を「年齢、職種、業界、属性(性別など)、地域、年収」に分解することです。

また折を見て解説します。

このコラムに返信してくださる方や、
感想を届けてくださる方が増えています。
匿名で質問したい場合は、下記をご活用ください。
https://marshmallow-qa.com/atsuhiko_kamiya

お悩みを聞かせていただきましたら、
このコラム上でお答えさせていただきます。
(もちろん、個人が特定される情報は伏せます)

ぜひ声を聞かせてくださいませ。
どうぞよろしくお願いいたします。

退職学・佐野

English Ver(translated using a generative AI):<Job Change Consultation> The job change agent is not a good fit. Should I consider changing them?— The Break Room for Your Career

Good morning,

This is Sota Sano from Taishokugaku®️(resignology). You can find me on Twitter @taishokugaku.

Today’s theme is “When a Job Change Agent Doesn’t Suit You”. I’ve received a career consultation from Marshmallow, a free and anonymous service where you can write about your worries.

Job change agents are supposed to be strong allies and professionals in the field of job change. However, I’ve been feeling an increasing number of consultations expressing a sense of discomfort with them.

The job change agent seems unreliable
Why do they send me job offers that don’t match?
Can’t I change my agent?
I hope this reaches those who have experienced such frustrations.

Today’s theme is “When a Job Change Agent Doesn’t Suit You”. I’ve received a career consultation from Marshmallow, a free and anonymous service for sharing concerns, and a job change consultation.

Job change agents are supposed to be strong allies and professionals in the field of job change. However, I’ve been feeling an increasing number of consultations expressing a sense of discomfort with them.

The job change agent seems unreliable
Why do they send me job offers that don’t match?
Can’t I change my agent?

I hope this reaches those who have experienced such frustrations.

Your Concern: The Job Change Agent Feels “Off”

Here’s the concern I received. Today, I will respond to the first question, “Should I continue to ask for their help?”

I’ve been using an agent, but I feel like we’re not really connecting. The job offers they provide also seem lackluster.
Q1. Should I continue to ask for their help?
Q2. How can I find a better agent…?

Your feeling that “the job change agent seems off” is a very keen observation. In most cases, I would recommend following your intuition.

Forcing yourself to adapt to the agent can distort your true intentions, leading to a situation like “I got a job but it’s not the right company”.

It’s okay not to continue asking for their help.

I have experience as a job change agent and currently serve as an advisor to one. Therefore, I tend to be quite critical of job change agents.

I would be happy to share my honest perspective within the limits of what I can see.

There are two main reasons why you might feel that “the job change agent is off”.

Reason 1: Lack of Competence in the Agent

The first reason is “lack of competence in the agent”.
The level of job change agents varies greatly. Some are highly trusted by companies, who say, “If you recommend them, they can skip the document screening”.

Such agents are not only knowledgeable about the hiring companies but also the industry trends, and can support job changes with an eye on the applicant’s life and work a few years down the line.

However, not all agents are like this. In fact, they are in the minority.

Some simply pass on job offers they receive from companies to you. It’s unfortunate.

Therefore, the agent you feel is “not matching” might belong to the latter group.

This doesn’t mean you should immediately stop using that agent.

The reason is that it might just be the specific person you’re dealing with who is not suitable. Other agents in the same company might be competent, and the company itself might have good job offers.

So, you could consider asking for a change of agent.

It’s a common belief that you can’t change or choose your agent, but you can. In fact, I know people who have successfully changed jobs after switching their agent.

So, first, consider the possibility that “it might just be this particular agent,” and think about whether you can request a change.

Reason 2: You Are a Lower Priority

But you might feel like it’s complaining to ask for a change of agent…
This relates to the second reason why you might feel that “the job change agent is off”.

The second reason is “you are a lower priority”.

How rude, all job seekers should be treated equally

You might think this, and it’s a normal reaction.

However, most job change agents sort candidates, thinking “this person seems likely to land a job” or “this seems impossible”.

Since job change agents are also a business, “sorting” can occur.

Therefore, before considering changing your agent or the company itself, why not think about how you can raise your priority? This is also effective when using other agents.

There are several ways to increase your priority. One is to convey your determination, saying “I have definitely decided to change jobs”.

Another is to make it easier for the agent to bring you similar job offers by saying “I have this kind of company in mind”.

The job change agent should be doing this…

It’s natural to think that way, but unfortunately… such agents are in the minority.

Job change agents can indeed be powerful partners in job change. On the other hand, they are also “the first interviewers for companies”, meaning they are the first ones to screen you. It’s a harsh reality.

I suggest thinking about “how to get past the selection process of job change agents”.

If this doesn’t work, then it’s hopeless. As you feel, change the agent or the job change agency itself.

I am rooting for you.

Message

I am often asked, “Which job change agent do you recommend?”
While it often depends on the individual agent, thinking of yourself as a product can help find an agent that suits you well.

In other words, break down your profile into “age, job type, industry, attributes (such as gender), region, and income”.

I will explain this in more detail at another time.

最新のお知らせ

【最新情報】
●2000部重版が決まりました:『ゼロストレス転職 99%がやらない「内定の近道」』(PHP研究所)
読んでくださった方、誠にありがとうございます。
こちらにお礼のメッセージを記載しております。
https://taishokugaku.com/2023/11/07/reprint-zero-stress-tenshoku/

●日本初のAIキャリアbotをつくりました(2023年11月10日9時30分現在)
URLはこちらですが、うまく作動しているでしょうか?
https://chat.openai.com/g/g-oUsqQFg9e-moyamoyaruputuo-chu-botutobytui-zhi-xue-r-resignology
現在はChatGPTの有料アカウントのユーザーが使えるようです)
「使えた」「使えなかった」などありましたら、
マシュマロ(無料、匿名でメッセージが送れる)からお聞かせくださいませ
ユーザーの方へのメッセージ、使い方の注意点やポイントをこちらに記載しています

【最新イベント:お申し込み受付中】
●満席:12月14日(木)20時〜21時30分:読んでなくていい読書会
ゲスト:あいこさん、くりたかさん
お申し込みページ:https://book-club-with-no-reading-required-1214.peatix.com/view
※11月30日(木)10時40分:満席になりました(無料・名前の入力は不要)
増席の場合はメルマガでお知らせします
下記に登録してお待ちくださいませ
https://taishokugaku.com/mailmagazine-sns/

【最新イベント:準備中】
●2024年1月11日(木)20時〜21時30分:第6回「著者・編集者のためのChatGPT活用トークライブ」
※『人生がときめく片づけの魔法』(近藤麻理恵)の編集者であり、ブックオリティ出版ゼミ学長のタカトモさんとの共催セミナー
※お申し込みページは準備中
※メルマガ「キャリアの休憩室」に登録して情報をお待ちいただければ幸いです

【発売中】
●オーディオブックがはじまりました:『ゼロストレス転職 99%がやらない「内定の近道」』(PHP研究所)
・「Audible会員プランの聴き放題」(月1,500円でおすすめ)
・単体購入はこちら:https://amzn.to/3ZBI2rc(単体だと3,000円でちょっと高い)

●動画予約がはじまりました:未来の自分が楽しみになるキャリアづくり:大阪府主催のキャリアイベント(OSAKAしごとフィールド10周年特別企画)
こちらから動画の配信予約ができます
https://shigotofield.jp/turning_point/#sano
200名以上の予約をいただいているようです。ありがとうございます!

【キャリア相談】
●キャリア相談の詳細、口コミは下記をご覧くださいませ
https://shinro-soudan.com/detail/1ZOZ0kzuyPN121

【著作】
●『ゼロストレス転職』(PHP研究所)要約動画
https://youtu.be/4HwOPRcTRUk


●『「会社辞めたい」ループから抜け出そう!』(サンマーク出版)要約スライド
https://taishokugaku.com/book1-summary-review/

【SNS】
●X(旧Twitter)
https://twitter.com/taishokugaku
●Instagram
https://www.instagram.com/taishokugaku/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です